イケメン・高学歴・高収入の裏側…結婚相手は価値観で選ぶ!

美貌・収入・生活など相手のいいところだけを見て結婚するな!

 付き合い始めた頃はお金や美貌など相手の いいところばかり目につくものです。しかし、 結婚は長い年月を一緒に過ごすもの。今はいいかもしれないけれど、年月が経つうちにさまざまなことが変わっていくものなのです。ですから、良い面を見たら悪い面も想像して みたほうがいいでしょう。相手のいろいろな 面をいろいろな角度から予測・想像してみましょう。

 例えば、相手のサラサラヘアが好きなので あれば、早い年齢で「ハゲる」可能性がある と思っておきましょう(サラサラヘアという ことは髪の毛が細く、そして髪が薄くなるのが早い可能性があるという意味です)。また「お金持ちのおぼっちゃん」なのであれば、 結婚したら嫁姑問題が起きると思っておきま しょう。そうやって相手の変わりゆく風貌・収入・親族・環境を想定しておけば、先々よほどのことが起こらない限り、あなたの気持ちが変わらず我慢できることでしょう。



 年齢差が2、3歳ある男性に対して、「おじさんでヤダ」「早く先に死んじゃう」など と思われ恋愛対象から外してしまう方も見かけますが、実際には「若さなど一瞬のもの」。童顔の人ほど。30歳を超えると様相は変わり老け顔になっていくことも多いし、寿命に関しても最近では30代でお亡くなりになる人もいれば90歳、100歳まで長生きする方もいます。また、年の差があることによって「同年代よりかわいがられ大事にしてくれる」 と感じる人の意見も多く耳にします。


 ちなみに、「年が離れていると『歌...カラオケ...昔の出来事』などにおいて共通 を感じない」など耳にしますが、それは過去のことであって結婚生活というのは「これ から2人で作り上げていく未来」です。10代、20代頃の話題が少し違うくらいのことは 年を重ねるとあまり関係ないことであり、逆にお互いの「思い出差」が話題的に面白く笑い話になるとも耳にしたことがあります。ですから、そんな小さなことで結婚相手の対象を狭めないほうが人生を楽しめるのではないでしょうか。

大切なのは、その人の良い面や悪い面ではなく、
「この人と生き方の価値観を合わせることができるのかどうか」
「なんです。結婚は恋愛と違って、一緒にいてお互いに意味がある人間じゃないと絶対
続きません。生き方の価値観が一緒であれば、結婚生活において波風が起きても一緒に
乗り越えていける可能性が高いですよね。
 



◇ 新着記事

◇ 人気記事


第1章
社長に多い8つのパターン

第2章
成功社長が持つ価値観

第3章
成功しない!?残念社長の思考回路

第4章
上に立つ者に知ってほしい7つの心得

第1章
まずは知るべし!「男の本音」

第2章
結婚列車に男を乗せる6つ?のコツ

第3章
『選ばれ女』ではなく『選ぶ女』になる!

第2章
結婚列車に男を乗せる6つ?のコツ

第5章
女の武器は外見にもあり!